ブッシュの変節?

ブッシュの変節?

オイルメジャーと仲良しで、イラクも占領して石油でGoGo! のはずのブッシュが、これから先は原子力の利用を見直して(拡大して)いくという意志を表明しました。これって何?

イラクの油田を調べてみたら想定外に埋蔵量が少なかったとか、原子力発電所を稼働させた結果得られる核兵器用プルトニウムが大量に必要になったとか、色々と要因は考えられるけど、この自民党の議員が土建屋の票田を放り出すかのような変節はなんとしたことでしょう。

昨日の夜のニュースでそのネタを知り、ニュースサイトを見てまわったり、「ブッシュ 原子力」をキーワードにして検索したりしましたが、いまいち核心に触れる情報がありません。今日の新聞の国際面とか社説はどうなってたんでしょうか?

プルトニウムが欲しいなら、ウランの恒常的な入手が困難なことからプルサーマルを研究している日本の原子力業界とも関わってくることです。他人事ではありません。

北朝鮮やイランに対し、核拡散を防ごうとしているはずのアメリカが、なぜこのタイミングで原子力振興なのか、興味深いところですね。

赤カブの秘密

と言っても、食べられる方のカブではありません。郵便局御用達のスーパーカブのことです。スーパーカブはホンダ製の実用バイクのことね、念のため。

久々に停車している赤カブを後ろからじっくり見る機会があったんですが、おお、ナンバープレートが薄黄色地だ。やっぱ東京の赤カブも50ccではなく、90ccなんだなぁと妙に感心。

赤カブが実は50ccではなく、90ccだということは、前から知っていたのですが、なんでわざわざ90ccなんだろ、90ccじゃ原付免許じゃ乗れないじゃん(厳密に言うと原付2種という免許もあるそうです)、90ccの方がパワーがあって出だしがいいからストップ&ゴーの繰り返しが楽になるのかな? などと思っていたのですが、今日、赤カブのことを調べていたら、真相に辿りつきました。それは、

「50ccだと法定制限速度が30km/hだから仕事にならん」

ということでした。

律儀に30km/hで走ってる原付なんて見たことないですが、さすがに公務員が大っぴらに速度制限破るわけにはいかないんでしょうね。だけど新聞配達のカブは50cc。こっちは余裕で30km/h制限破ってます(^^;

赤カブの秘密はまだあって、実はタイヤがミシュラン製のハイグリップタイヤを履いているらしいんですよ。だからノーマルカブに比べてブレーキがよう効くそうです。またレイン走行性能もいいとのこと。なにげに細かい部分が色々チューンしてあるようです。

なんか、デカイバイクを買うまでのつなぎに、赤カブ仕様のカブが欲しくなってきました(^^)



return top